たるみ毛穴の改善と毛穴の開きを治す方法

たるみ毛穴の改善には正しいたるみケアの方法で行うことが大事!

たるみ毛穴の改善

たるみ毛穴という言葉が女性誌などでよく取り上げられるようになってきました。

 

たるみ毛穴とはどのような毛穴なのでしょう?

 

 

たるみ毛穴とは、年齢とともにお肌がたるんでくることにより、毛穴自体がタテ型に広がったりするなど変形してしまって出来る毛穴のことを言います。

 

 

場所的には頬の付近に現れることが多いようです。

 

たるみ毛穴になる原因としては、基本的には加齢によるもの!
というのが一般的なのですが、スキンケアなどを怠っていると、お肌の水分不足などによって、お肌そのものの潤いが失われてこのたるみ毛穴になるようです。

 

 

では、どうしてたるみ毛穴は縦型の形になるか?というと、これも加齢によってどうしてもお肌の潤いが失われることで、それまではお肌のうるおいやハリによって保たれていたのが、自然の原理でだんだんと重力に負けてしまい、楕円上に毛穴が広がっていくため、そういう縦長のたるみ毛穴の形状になっていくわけです。

 

 

このたるみ毛穴を防ぐ方法、たるみ毛穴を改善する方法などもいろいろあるので、そういったたるみ毛穴を改善する方法や毛穴自体を引き締めキメ美肌を保ち続けるための方法、役立つ
美容液や化粧品なども併せて紹介していきたいと思います。

 

たるみ毛穴とは?

たるみ毛穴とは?いったいどのような毛穴の状態のことをいうのか?
そして、どうしてたるみ毛穴なんて状態になってしまうのか?その原因とは何なのか?

 

 

たるみ毛穴という言葉が一般的になったのは、それほど昔のことではないですよね。
最近は、女性ファッション誌などでもこのたるみ毛穴についての特集などもされるようになっていますが、たるみ毛穴という言葉は比較的新しい言葉です。

 

 

たるみ毛穴とは、簡単に説明をすれば、年を重ねるごとにお肌がたるむことで、同時に毛穴自体もそれに応じて変形してしまうことで見た目にも目立ってしまう毛穴のことをいいます。

 

 

たるみ毛穴が加齢とともに出来てしまうということであれば、対処の方法などはないのでしょうか?
たるみ毛穴は、加齢やお肌のお手入れ不足により、肌の水分不足や肌そのものに潤い、ハリといったものが無くなることが大きく関わっていると言えます。

 

たるみ毛穴の改善

 

毛穴というのは、もともとはキュッと締まっているものですが、体調の変化や、スキンケア不足などによって、毛穴入口付近も水分不足になったり、肌(皮膚)真皮層のコラーゲンが保湿力を失っていきます。
それによって全体的に弾力性を失うことで、お肌(皮膚)全体が引力に導かれるように下へ下へとたるみ始めます。

 

 

そうすると、毛穴も一緒にたるんでしまって、そのたるんだ毛穴自体が目立つようになります。

 

 

 

加齢によってできたたるみ毛穴を10代や20代のような瑞々しくてピチピチしたハリのあるお肌まで戻すというのは、かなり難しいですが、お肌のたるみの進行を遅らせたり、止まらせることで、お肌にハリや潤いを取り戻す事は不可能ではありません。

 

 

たるみ毛穴も、適切な洗顔やスキンケアを実践し、併せて生活習慣を改善することで毛穴のたるみを改善したり予防したいところです。

 

 

 

もし、あなたが自分もたるみ毛穴なのでは?と不安に思っているのであれば、毛穴がみかんの皮のようにデコボコとしているか?毛穴の形が涙型、もしくは楕円形になっていないか?そして、頬を引っ張ることで毛穴があまり目立たなくなったり消えたりするのであれば、それはたるみ毛穴といえるので、鏡を見ながらチェックしてみてください。

たるみ毛穴のケアはどうすれば?

たるみ毛穴を改善するための対処法やケアの方法ってどうすればいいの?ということが気になるところですが、正しいたるみケアをするためには、原因をしっかり理解して行うことが大事になります。
↑でも紹介していますが、基本的にはたるみ毛穴というのは、お肌の潤い不足からくることが多いので、コラーゲン不足を解消するためにコラーゲン生成をサポートしてくれる成分の入った美容液などを使ったりするのが一般的なケア方法といえます。

 

ただ、時期によっては汗や皮脂などで毛穴が開くことで、コラーゲンを配合した美容液や化粧水などの化粧品だけでは十分ではないこともあります。
特に夏場など汗や皮脂の分泌が激しいときにすでに起こっているたるみ毛穴がさらに目立つようになってしまうことがあります。

 

そういうときなどは、有効成分が配合された化粧水や美容液などをお肌に入れていくだけではなく、まずは徹底的に毛穴をキレイにしていくことで肌を元気にしていく!というのも効果的です。

 

たるみ毛穴を自分で自力で改善するケア方法

たるみ毛穴の改善

たるみ毛穴というのは、一度なってしまうと、なかなか改善したり、解消するのは、時間がかかります。

 

 

とはいっても、エステに通ったり、手術をしたりするのはお金もたくさんかかりますし、できることなら自力でなんとかたるみ毛穴を解消したいものですよね。

 

 

ですが、何度もいうようになってしまったたるみ毛穴というのは、かなり手ごわい相手。ですから、タルミ毛穴を取り除くときには、安易な気持ちで、適当にやらないことです。
皮膚のタルミというのは、スキンケアをどんなに丁寧に行っても、目につくモノです。ですから、適当なやり方などをすると、たるみ毛穴を改善するどころか、返って逆効果になって、たるみ毛穴が増えたり広がった!なんてことになりかねません。

 

 

では、さほどコストをかけず自宅でお肌のタルミ毛穴を取るにはどうすればいいか?

 

そのためには、まずどの部分のたるみ毛穴を改善していくか?ということを決めた方がいいです。

 

 

というのうも、どの部分のタルミ毛穴を取りたいのかによって、やり方というか、対処法というのが違ってくる場合があるからです。まぁ、たるみ毛穴の場合は、基本的には頬辺りが中心になるでしょうが。
自分の力でたるみ毛穴を解消するには、このサイトでも何度か紹介しているように、フェイスマッサージをおこなって、表情筋を揉みほぐす、表情筋を鍛えるという方法が効果的です。

 

 

顔を指の腹で指圧することで、普段はあまり使わない表情筋も柔らかくなって、血流がよくなることも可能です。またその際に、たるみを改善するのに効果のある成分の入った化粧品などを一緒に使うと、よりいっそう効果が期待できますよ。

 

とはいっても、たるみ毛穴を解消するようなフェイスマッサージなどはけっこう手間もかかるし、面倒なので、飽きっぽい方は苦痛かもしれませんが、続けること、継続することで効果というのは確実に現れてくるのでくじけずに、たるみ毛穴を改善するように頑張っていきたいものです。

たるみ毛穴の原因にもなる紫外線対策でたるみ毛穴を予防

たるみ毛穴というのは、主に加齢によるお肌の全体的な衰えによって、生じるケースが多いわけですが、お肌の老化を加速させないようにお肌を守ることは、たるみ毛穴にならないための重要なポイントになります。

 

その一つとしてあげられるのが、“日焼け、紫外線対策”です。

 

 

日焼けや紫外線というのは、お肌にとってメリットも当然あるのですが、デメリットも同様にあります。
特に、紫外線は、たるみ毛穴の原因ともなるコラーゲン不足にも大きな影響を与えます。

 

たるみ毛穴の改善 紫外線

 

紫外線は、皮膚のコラーゲン繊維にダメージを与えてしまうため、皮膚の加齢を促進してしまいます。
また、日焼けは簡単にいえば、皮膚が軽い火傷を負っているような状態ですから、皮膚の水分が不足して、お肌が乾燥しがちになります。

 

お肌の乾燥は、まさにたるみ毛穴を引き起こす要因となります。

 

そういう意味でも、紫外線や日焼けに注意することで、たるみ毛穴になるのを防ぐことができます。
日焼け、紫外線対策としては、日傘を使うなどして直射日光を肌に浴びないようにしたり、日焼け止めクリームなどを塗る方法が一般的です。

 

日焼けした後の対策としては、乾燥しがちな皮膚にしっかりと潤いを与えるような化粧水などによる水分補給や、火照った皮膚の炎症を抑えるクールダウンさせるための冷水や保冷剤などを上手く使いたいですね。

 

ですが、保冷剤などもいきなり肌に直接触れると、急激に体温を奪ってしまったりするので、タオルなどを巻いて、徐々に冷やすなどして方が、たるみ毛穴だけではなく、美しい肌を保つスキンケアとしても有効です。

 

また、お肌を冷やした後も、水分を保つように、クリームなどを塗って、水分の蒸発を防ぐような皮膚にバリアをしてあげるようにした方が良いです。

たるみ毛穴のスキンケアで気をつけること

たるみ毛穴の改善、予防の為のスキンケアを行うにあたっては、気をつけなくてはならないことがあります。

 

それは、まず自分の肌質をしっかりと知るということ。

 

 

肌質によって、行うスキンケアというのは、違ってきますからね。

 

お肌というのはとってもデリケートですから、お肌のタイプに合わないスキンケアを行っても、まったく効果がないどころか、お肌のトラブルになってしまうことがあります。

 

また、肌質によっては、季節ごとのお肌の状態や、それに対するスキンケアが違うということも理解しておく必要がありますね。

 

では、肌質にはどのような違いがあるのでしょう?

 

一般によく聞く肌質の種類には、

 

 

 ・ 乾燥肌  ・ 普通肌  ・ 混合肌  ・ 脂性肌

 

 

があります。

 

 

乾燥肌というのは、分かりやすいと思いますが、水分が角質層までしっかりキープできなくて、白い粉をふくなど、カサカサした状態のお肌ですね。
この場合は、水分と油分をバランスよく取り入れて、保湿をしっかりおこなうスキンケアがポイントになります。

 

普通肌に関しては、特に気にする必要もないかと思いますが、この状態をキープしていくためにも、しっかりと水分をお肌に与えたり、栄養を与えるなどしてお肌の状態を保ち続けるようにしたいところですね。

 

混合肌とは、おでこから鼻筋にかけてのいわゆるTゾーンに油浮きするほどオイリーにも関わらず、頬や口元あたりは、カサついているというケースですね。

 

 

そして、最後が脂性肌。

 

これは、漢字からも分かるように、皮脂の分泌が過剰というか、常に多めなので、ニキビ肌になっていることが多いです。
また、テカリ、ベタつきなどもあって、しかも毛穴が目立ちやすくなります。

 

しっかりとした洗顔が必要ですが、あまり顔の脂を取り過ぎると、それもお肌のトラブルの元となり、たるみ毛穴などの原因ともなりますので、しっかりとした水分補給、保湿などを行うようなスキンケアが求められます。